第一種金融商品取引業と第二種金融商品取引業の違い

第一種金融商品取引業と第二種金融商品取引業の違い 投資のカイゼン

金融商品取引業者には第一種と第二種という区分がありますが、

その違いはなんでしょうか。

 

第一種金融商品取引業は、流動性の高い株券や債券などの有価証券を販売したり媒介、取次する業者であり、主に証券会社や金融先物取引会社などが登録しています。

一方、第二種は流動性の低い有価証券や不動産などを販売・媒介・委託する不動産業者や、私募(ファンド)を運営する企業なども登録しています。

販売委託媒介するもので一種と二種が分かれています。

 

共に金融庁に登録される必要があります。

また上記以外には投資助言・代理業や投資運用業があります。

共に助言や代理、運用を行う際に必要な登録で、投資顧問業や運用を行う場合に必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました