投資家の種類について【一般投資家・特定投資家】

一般投資家と特定投資家の違い 投資のカイゼン

証券外務員試験に度々出てくるキーワードとして「特定投資家」というものがあります。

投資家は一般投資家と特定投資家に分かれており、

基本的に一般投資家は個人投資家、資本が大きめ等条件を満たした法人が特定投資家、さらに「有価証券に対する投資に係る専門的知識及び経験を有する者として内閣府令で定める者」例を挙げると金融機関とかVCとかは適格機関投資家ということになっています。

一般投資家はアマチュア、特定投資家または適格機関投資家はプロという位置づけですね。

また、一般も特定もどちらも移行が可能な場合があります。

特定投資家は投資のプロという位置付けなので、

金融マンが案件を紹介したりする場合等に手続きや説明を一部省略できることがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました