10倍銘柄(テンバガー)と祭りについて

10倍銘柄テンバガー 投資のカイゼン

10倍銘柄は通称テンバガーと言われており、現在の株価から10倍くらい株価上昇する(または下)銘柄のことを指します。

10倍も上昇するなんてまさに右肩上がりで祭り状態って感じですが、その原因としては主に、

①ファンダメンタル的な会社としての業績が急に良くなった、またはとあるプロダクトがビックヒットしたか、もしくはされるとみんなが信じているから起こる

②何か将来性や絶対売れるようなプロダクトを開発している等の理由からある程度規模の大きな資本投下があったから

というのがあるようです。

さらに条件としては、時価総額が低い(10〜高くても300億円くらい)ことと、チャートの傾向として株価横横か株価滑り台の状態というのがあげられます。

上記の条件が揃った時に、何かニュースか噂が広まると一気に株価が急上昇してお祭り状態となり、結果的に10倍銘柄の仲間入りを果たすことになります。

やはり短期株式投資家としては、このお祭り状態の初動でうまく波に乗りたいところですね。

こういう10倍銘柄の初動にうまく乗れる人は、ニュースや噂が広まった次の瞬間にはチャートで日足週足月足を見て、時価総額がどのくらいか?出来高が上がっているか?というのを確認したらすぐにとりあえず買ってしまうと。

で、まず株価が2倍になったら50%を売って元本を回収し、あとはどこまで上がるのか見守るというのがセオリーのようです。

元本を回収したらあとは利益がどれだけ伸びるのか?ということだけなので、比較的気楽に構えることができ、精神衛生上にも良いって感じですねw

暴落する前に利益を確定させて祭りから足抜けしてしっかり稼ぎましょう。

テンバガーはあくまで初動にのるのが基本であって、チャートの波形よりも株価に注目していると高値をつかんで含み損に苦しむというハメになってしまうので注意が必要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました